ペットフード - ペットガイド

ペットガイド > ペットフード
ペットガイド

ペットフード

動物のエサの代名詞である、ペットフード。
ペットショップや量販店のペットコーナーでは、さまざまなペットフードがすらりと並んでいます。
ペットが食べやすいようにドライフード、半生、缶詰、パウチなど工夫され、味もいろいろ。
普段の餌だけでなくおやつなどもあり、人間の食料品さながらです。
美味しそうなパッケージに、ペットのみならず人間もどんな味がするのか食べてみたい、と思うこともあるのではないでしょうか。

しかし現在では、単なる餌という枠には収まりきらないペットフードが数多く販売されています。
その一つが、ペット用の療養食です。
今ではダイエット用などばかりではなく、特定の病気や症状に特化した製品も多く発売され、人間の病院食のように、療養サポート食として広く取り入れられています。
また、ペット用のサプリメントなど、健康食品も豊富です。

バリエーションが広がるペットフード。
将来的にはペット向けのレストランやカフェが一般に経営される日も来るかもしれません。

ペットフードの選び方をマスターしましょう

人間が食べる食品を決める際に吟味するように、ペットに与える食事もしっかりと選ぶ必要があります。
ペットも与えられる食事によって健康状態が左右されますので、飼い主としてしっかりと吟味する事が大切です。
ではどういったポイントに着目して選べば良いのかについてですが、まずペットの年齢に適したペットフードを用意する必要があります。
例えば犬や猫の場合、成長期、成犬期、成猫期、老齢期に分ける事ができますが、それぞれの年齢によって必要とされる栄養素が異なります。
健康状態を管理する為には必要な栄養素をきちんと補う事が大切になりますので、ペットの年齢を考えて選ぶ事が大切です。
安全な成分によって作られているかどうかも重要です。
ペットフードには様々な添加物が配合されている物も多いと言われていますが、中にはペットに対して良しとされていない成分が配合されているケースもあるのです。
時にはアレルギーの原因になるような事もありますので、配合成分をよく確認してみた方が良いでしょう。
また、アレルギーが出易い成分はそれぞれの個体によって異なっていますので、きちんとアレルギー検査を行い、アレルギー物質を含んでいるようなら避けるようにする事も大切です。
ペットの様子をチェックして良し悪しを判断するのもポイントです。
どんなに良いペットフードでも合う合わないがありますので、もし食べさせた後に湿疹が出たり下痢などの症状が出た際には合っていない可能性がありますので、初めて与える際には状態の変化を確認してみると良いでしょう。

Favorite

地域密着型の企業として、地域の発展にも貢献していきます。

喜多方ラーメン

信州伊那自動車教習所

式典やイベント用のコサージュがたくさん!

かわいいコサージュ

Last update:2017/8/10

top